日本に住んでいたら英語を話す。という機会はまずありません。だからこそ、日本人は英語を話せない、聞き取れない。など苦手とする人が多いんだと思います。英語の勉強を一度苦手意識を持ってしまうと、英語話せなくても日本に住んでる以上なにも困らないし、だからもう英語ができなくてもいいんだ。と諦めてしがいがちです。

私も英語が本当に苦手で中学・高校は一番苦手科目でした。英語のせいで希望校を受験できなかったほど、足を引っ張っていた科目だったのです。そんな英語の勉強とは疎遠な私だったのですが、どうしても英語の勉強をしないといけない環境になってしまう時が来たのです。それは転職です。知人の紹介でお仕事をすることになったのが、ホテルのフロント業務だったのです。日本語しか話せない私は、先輩方の足を引っ張るばかりか、海外のお客様にもうまく伝えられず、まったく仕事になりません。せっかく転職できた先で、クビにならないために必死に苦手な英語の勉強を始めました。

でも過去あれだけ苦手だった英語なので、思うように勉強は進まないし、頭にも入ってきません。職場の先輩にたまたま英会話講師だった人がいました。その人のアドバイスによると、勉強はたった5分だけでいいとのこと。ただし毎日必ずすること。内容はただ英語を聞くだけでもいいし、単語を覚えるだけでもいいけれど、5分は必ず英語の勉強をすること。というものでした。先輩のアドバイス通り、毎日5分。なにかしらの英語に触れるだけで半年後には、お客様が何を言っているのかがわかるようになりました。

まだまだ、自分の口からはスムーズに話はできませんが、あんだけ苦手だった英語なのにすごい成長ぶりだと、自分でも関心してしまうほどです。きっかけは何であれ、英語が話せたらな。と思ったのなら是非試してもらいたいです。たった5分。英語の勉強をするか、しないかで1年後の自分の世界(もしくは価値観)が変わるような気がします。