日本には、英会話に関する良い教材が沢山あります。小学校から高校まで英語の授業もそれなりにあります。でもなぜ日本人の英会話能力は低いのでしょうか。そもそも英会話能力とはなんなのでしょう。日本人が低いと思っているのはなぜでしょう。基本的な英会話能力となる単語力、英文法について、日本人の多くが十分な知識を身につけています。問題はその能力を発揮する場がないことです。日常に英語が必要な環境がないからです。良い道具を持っていても使う機会がなければ道具は錆びてしまいます。少々悪い道具でも毎日使用していれば、道具の使い方次第でそれなりの製品を作ることが可能です。高価な教材を購入しなくても、外国に留学しなくても、日本の高校レベル、中学校レベルの基礎的な英語力で充分に英語での意思の疎通は可能です。

ネイティブが最も嫌う会話は、留学経験があり、私はネイティブ並みに話せると勘違いしてスラングを使用して会話してくる人達です。君の英語は素晴らしいね、なんて皮肉なお世辞を言われて、誤解しているようではダメです。遊びなら問題ありません。仕事となると契約まではほど遠いものとなるでしょう。

まず、英語は外国語であることを理解することです。母国語ではないのです。流暢な日本語を話していてもどうも鼻もちならない話し方をしている外国人をどう思いますか、それと同じことです。外国語ですから敬意を表して謙虚な話し方をすることです。拙い会話でも一生懸命、誠実に説明すれば、貴方の思いは十分に伝わります。お金をかけなくても、ネットが普及した時代、英語を使う機会は探せばいくらでもあります。

ニュースは全部ネイティブのネットラジオで聞く、チャットすることも可能です。いい時代だと思います。貴方も是非挑戦してみて下さい。