2020年の東京オリンピック開催もあってか、最近では英語に慣れ親しもうという試みがあらゆる現場で行われています。ドラマやバラエティ番組、CMなどを見てみても今まで以上に英語が使われているように思います。英語学習番組も毎日のように放送されていますし、個人的にはとても良い傾向だと感じているところです。

さて東京オリンピックやTPP、ビザの緩和、訪日客増加といった政治、経済、文化の広がりのみならず、情報端末機器などの科学技術分野の進化によって、日本のグローバル化はますます進んでいくと思われ、英語が話せなければ大きなチャンスを手にすることができない世の中になっていくに違いありません。

学校現場における英語教育が今まで以上に大きな役割を担うことになるでしょう。ただ、本当に使える英語を習得するためには、やはり小さなころから英語を学ぶ必要がるように思います。平仮名やカタカナといった日本語の音をインプットすると同時に英語の音にも慣れておけば、それほど苦労することなく、自然な英語が身につくはずです。大人になってからでは完璧な英語のアクセントを習得するのは不可能とも言われています。

このようにアクセントというのは子供のころにしか培うことのできない非常に希少価値の高いものであり、それを得るのは大変意味のあることではないでしょうか。今では子供英会話教室も充実していますし、将来のことを考えると一番に通わせておくべき習い事だと言えるのかもしれませんね。