現在の英検は単に英語能力を証明する試験という意味合いだけでなく、就職や受験に有利に働くことから国内受験者数を誇る英語試験の一つとなっています。受験者数が多いのは文部科学省が後援していて資格としての効力が広く知られていることも要因として挙げられますし、成績優秀者への表彰制度が受験者のモチベーションを上げていいることも要因の一つです。ところで、英検の3級以上の受験には1次試験と2次試験があり、合格への道のりも険しくなることで有名ですが受験を考えているみなさんはどのような対策を立てているでしょうか。

一次試験は穴埋め問題、文法問題、長文読解等のいわゆる筆記試験がおこなわれます。この中にはリスニング形式での問題も出題されるので各級ごとにしっかり対策を立ててから受験することが合格への近道となります。どのように対策を立てていくかというと、まずは自分が受験する級の過去問題に目を通してその出題傾向を把握して勉強に取り掛かる必要があります。いきなりむやみやたらに勉強を始めるよりも勉強の効率が上がり、似たような問題を解く時に正解率が上がります。

2次試験は英語の面接試験ですが、こちらの方が1次試験より合格率が高い傾向にあります。2次試験は面接官の質問に英語で応答したり、渡されたカードを英語で読んでいくのですが、こちらは繰り返しイメージトレーニングすることが重要です。不合格になる人の多くは緊張して自分の力を発揮できない人が多いので必ずイメージトレーニングをしてから本番に臨むようにする必要があります。これらの対策をしっかりしていけば英検上位級の合格に近づくので今日は受験生のために文章を書いていきました。